calling you

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の陽は釣瓶落とし  

upupIMG_6712-2のコピー

  梓川の川沿いを明神池へ向かい歩いていた
  まだ秋のさなか、強い光が川に反射している

  なんだかフラフラする・・・汗が流れて・・・どうしたんやろう??

  あ・・!気温がスゴク上がってる
  後で考えたら当たり前のことですが、フラフラするまで気がつきませんでした(^^ゞ
  夜明け前はとても冷え込むけど、日中は小春日和
  慌てて近くのホテルに飛び込んで軽装になる
 
  光に輝く唐松を撮影しながら歩いて行く
  朝ホテルを出てから8時間が過ぎようとしていた
  山って、撮影したかったら自分で歩いていかなきゃいけないし
  自分で歩いて帰らなきゃいけないんだと、しみじみ考える
  機材もだんだん重く感じるし、レンズ交換が苦痛になってくる
  ここは広角だけど、もう望遠ズームだけで撮影しちゃおっかな・・
  そんなとき、ふと、撮影頑張ってくださいと励ましてくださった方のお顔が浮かんで
  やっぱりレンズ交換しょ。。って思い直した

  ssIMG_6866のコピー


  明神池でユカリさんと落ち合う
  明神池で撮影していたら、なんと!日が暮れてしまった
  ユカリさんと河童橋めざして、(気分だけ)猛ダッシュで歩いた

  唐松の森は日が暮れて、しっとりとした空気に包まれていた
  あ~今撮影したら、しっとりとした良い感じになりそう~。。
  疲れていたが、そんなことを考えている私
  が、隣で日の暮れた上高地に付き合ってくれてるユカリさんには
  さすがに「チョット撮影してもいいですか??」とは言い出せず・・^^;
  河童橋からタクシーでホテルへ
  もう、もう一歩も歩けません、なほど疲れた2日目の撮影が終わりました

                                       つづく
 

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。