calling you

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私自身の眼差しで  

higanbana2.jpg



   写真誌PhotoGRAPHICAで写真と対談を読んでから
   ときどき藤原新也氏の写真を観る
   ”風のフリュート”のあとがきに
   
   アイルランドの荒涼として、凍てつく風が吹きすさび
   まるで夜のように暗い冬の風景
   私はその閉ざされた扉のひとつひとつをノックした
   私自身の眼差しで。

   っていう一文がある

   私自身の眼差しで   私自身の眼差しで
   何度も何度も心で繰り返し想い 胸が熱くなった
   
   

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。