calling you

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユージン・スミス展へ  

sIMG_4126.jpg
 
  ユージン・スミス氏の写真は有名な水俣の胎児性水俣病患者を
  お風呂に入れるお母さんの写真しか知らなかった
  自分が写真を撮るようになり、様々な写真誌でユージン・スミス氏の
  人柄・あしどりを断片的に知ることになり、いつしか尊敬の気持ちを持っていました
  
  今回、初めてほんとうの写真を観ました
  一切の妥協のないプリントの凄み、使命感を持つ人の写真の凄み
  水俣の一連の写真は胸がいっぱいに・・
  
  図録と土方正志氏の「ユージン・スミス 楽園へのあゆみ」という本を購入
  いっき読みしました(^^ゞ
 
  水俣では、私は本来なら日本人が撮るべきことなのに、誰も撮れる人が
  いなかったやなんて、と思っていましたが
  日本人もたくさんの方々がユージン・スミス氏をバックアップしたことを
  本で知りました
  企業では、朝日新聞社のカメラ雑誌「アサヒカメラ」がスミス氏に誌面を提供
  しつづけ、カメラメーカーのミノルタは機材の提供と雑誌広告
  サントリーのウィスキーの広告・・・などなど

  今回展示はされていなかったけど、胎児性水俣病患者の入浴の写真は
  静かな4枚程度の撮影だったそうです、なんだか涙がこぼれます
  ユージン・スミス氏だからこそ、の渾身の一枚なのでしょう

  写真展の会場には、有名なライフ誌の「排水管からたれながされる死」
  の実物誌も展示されています

   ■没後30年 W・ユージン・スミスの写真展■

     京都国立近代美術館(岡崎公園内)

     9月7日(日)まで 月曜日休館
     AM9:30~PM5:00 入館は閉館の30分前まで

     観覧料  大人420円  大学生130円  高校生以下無料
     
     
  

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。