calling you

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今庄宿  

  今庄(福井県)の蓮の撮影を終え駐車場へ帰った私に、
   男の人が一枚のチラシをくださった
  チラシには「今庄宿 旧家ミニバスツアー ひとり300円」っと書いてある
  新しいレンズを入手したので、試しに暗い屋内で撮影してみたかった私は
  大喜びで参加を申し込んだ

  造り酒屋や旧家をマイクロバスで訪れる
  町のボランティアの郷土史の先生や、造り酒屋のご主人がいろいろご説明して
  くださるのですが・・・
  私はなんにも聞かないで黙々と撮影に没頭してしまいました
  (先生、造り酒屋のご主人様、お許しください!どうしようもないヒトなのです)
  開放でツールを撮影する感覚がとても新鮮で夢中になる
  木枠の窓から暗い部屋へこぼれる光が美しい。。。

  最後にある旧家へ訪れた
  たぶん豊かな造り酒屋の古い家なのじゃないかしら
  (説明を聞いてないので100%想像です)
  屋敷の中、暑い日というのにひんやりとしている畳をすすみ
  最後の座敷に向かった私は
  その風流な様子に 言葉を失いました
 

0717.jpg

  
   ほの暗い座敷の中に浮かんでいたのは
   庭の緑を映しこんだ座卓
   それは樹々に覆われた暗い渓谷の
   清らかな水面に映りこんだ緑そのもの
   鏡面のような座卓を置いてあるのは
   知ってのことでしょうか それとも・・・
   心の中で問いかけながら その風情に酔いしれた私なのでした
   
  

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。