calling you

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江へ  

yy_20100829234411.jpg



   島根県立美術館で奈良原一高氏の写真展が開催されている
   「人間の土地」も展示されるということで
   これは絶対外せないと松江に向かった
   
   「人間の土地」という写真集は軍艦島と黒神村の生活の2部構成と
   なっていて、私はどちらかといえば、桜島の熔岩に埋められ痩せて
   しまった土地に生きる人々が撮影されている黒神村の写真に深く
   惹かれる

   写真展では「人間の土地」のコーナーを何度もぐるぐる周って
   心に焼き付けるように、観た

   軍艦島の写真で、壁一面にレイアウトされたコーナーがあり
   高い場所に展示された写真はとても見辛くて残念でならなかった
   なんでこんな展示の仕方するんかな~っと腹立たしかったけど
   私がチビだからいけないのか?でもアンケートには残念だったと
   書いてきました(^^ゞ

   

   帰り道、松江から日本海へ出てみて、名も無き入江で夕焼けに出会った
   
   ほんの少し感じる夏の終わりって、淋しいね。。
 
   そんなことを考えながらシャッターを切っていた私なのでした


   
      ■島根県立美術館
      ■奈良原一高写真展 「手の中の空」
      ■9月13日(月)まで開催







▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。