calling you

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふりかえれば  

ym2_20101231024750.jpg


  車を止めて 今来た路をふりかえれば
  空に夕日に染まった山頂が浮かんでいた
  もう陽は雪雲に沈んでしまったと思っていたのに


  1年過ぎていくの早いですね
  皆様の2010年はどんな年でしたか??
  今年もyouの拙い写真をご覧くださいまして
  ほんとにありがとうございました
  また来年もよろしくお願いいたします

                      you



    ■今年6月、キャノンギャラリー梅田での
     PhotoclubCrossroad展から youの出展作品を
     calling you HP about meページにアップしました
     ご覧頂けましたら嬉しいです♪ 

 ym3.jpg







スポンサーサイト

初雪のころ  

ym1.jpg


  秋に偶然見つけて 
  初雪のころに撮影してみたいなぁ。。と感じた場所
  天気予報に雪マークが現れるのを待って出かけた
  この日のために12月に入ってすぐ冬用タイヤに換えて
  タイヤチェーンも購入した
  私の故郷は雪の降る町だけど、やっぱり山の雪は怖くて
  今まで自分で運転して雪の山へは出かけたことがない
  でも・・今冬からは自分で運転して自由に行くことにした

  高速道路で山に近づくと粉雪が舞いだした
  紅葉が終わった山 雪雲に覆われたグレイの空
  粉雪があっというまに白い世界に変えていく瞬間
  美しくて涙ぐんでしまう
  しかし、センチメンタルな気持ちもここまでなのであった

  高速を降りて山に向かって登っていく
  だんだんと雪深くなり風景がフォトジェニックになると同時に
  道も真っ白になっていく
  というわけで、峠にさしかかり、景色を眺める余裕もなく
  ましてやブレーキをかけて車を止めて撮影するなんて
  もってのほか
  私の目は真っ白な道に集中し、運転し続けることしかできない
  ちょっとちょっと撮影もできないでなんでここにおるん?
  っともう一人の私が聞いてきますが
  わかってます、わかってますが怖くてブレーキかけられないんですよっっ!
  っと心の中で叫ぶ私
  歩くよりちょっとマシ程度のスピードで走ってると
  いくら雪道でももうちょっとスピード出せませんかねぇ~
  っという後続車の冷たい視線が背中に痛い

  なんとか無事峠を越えてフラットな雪道になり
  あの秋に出会った場所に到着
  わ~。。来て良かった。。
  真冬になってしまう前の、まだ樹を感じる雪山がありました♪

  次の日になると雪道運転も慣れてきて
  よ~しもう怖いものなど何もない ←こんな人が一番怖い
  っと冬の撮影を楽しみにしているyouなのでした

  
    
    
  
  

一色  

ym-3.jpg


   今年の秋は
   熊がでようと台風が来ようと
   とりあえず毎週撮影に出かけた
   未熟さゆえに切なくて
   落胆することのほうが多かったな~。。
   だけど、でかけなければ出会えない
   たくさんの人の温かさに触れたり
   美しいと感じる風景にときめきました

   撮影の行き帰り長いドライブのあいだに
   Lauryn Hillをよく聞いていた

   ”But deep in my heart the answer "

    写真をどう撮っていけば良いのかと
    迷ったり悩むことも多い秋だった
    答えは自分の心の中にあるのでしょうね


      ■12/7日~12日まで 大阪梅田の ギャラリーアルテスパーツィオにて
        写真を一枚展示します

         「森の灯り」 竹内優子

        イギリス・somersetのvelvetという紙でプリントしました
        PhotoRagに比べて温かみのある色合いに色がでます       
        梅田にお出かけの際は ご覧いただけたら嬉しく存じます♪







 

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。