calling you

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真をみること  

sIMG_3416-up-2.jpg




  写真をみることがとても好きです
  子供の頃は父の本棚にあった写真集を眺めていて
  20代のころは前田真三氏の写真集など購入し
  厳しい仕事のストレス解消に役立てておりました
 
  いま毎号入手する写真誌は・・・
  アサヒカメラ・日本カメラ・風景写真・旅写真・CAMERAmagazine
  最近いちばん好きな写真誌がPhotoGRAPHICA
  
  写真誌ではないのだけれど ぐっとくる写真がいつも掲載される
  風の旅人Coyote

  ほか好きな写真家の写真集や 
  東京神田で探す古本のアサカメやニチカメの写真など
  少し時間が空いたときは、近くにある写真集の専門図書館へ出かけて
  貪るように(恥ずかしいですね~)写真集を楽しんで
  それからネットでのブログやHPの写真も

  たくさんの写真をみるけれど 流れるように忘れていき(^^ゞ
  心に焼きついて いつも私の心のなかにある写真は ほんのわずか、です・・


   ■ 写真展「楽しい散歩写真」ご案内 ■

     京都在住の写真家かじのこういちさんのお散歩写真講座の
     第一回写真展が30日より開催されています。
     お優しいかじのさんとご一緒に、きっと皆様イキイキとされた
     お散歩写真を撮影されていらっしゃることと、
     私も拝見できますこと楽しみにしています♪
     こちらにご案内申し上げます。
 
     場所    NHK京都文化センター 5階ロビー
            京都駅前東 ルネッサンスビル

     日      7月30日(水)~8月5日(火)

     時間    AM10:00~PM5:00 (最終日はPM3:30まで)
     
   
スポンサーサイト

one sweet day  

hana

紅藻  

akakoke.jpg


  福井県若狭町 瓜割の滝
  遠い日は幼いころ 父と祖母に連れられて初めて訪れた
  森の中の小川 水底の小石は見えているというのに 
  水の存在がわからない
  けれど手を差し出せば 冷たい湧き水に触れる
  その時の驚きが 今も鮮明に心に残っている

  近くはデジタル一眼レフを手にして間もなく
  スローシャッターの修行(遊び、とも言う)に4日間連続で撮影した滝
  飽きるということがなくて(^^ゞ

  瓜割の滝の石は紅い藻が生えている
  生えている、というよりも石が紅く染まっているみたい
  清らかな水にだけ許される紅色
  湧水を守るかのようにある 紅い石を見ていた
  なんでやろう・・・
  哀しい紅色に見えてきて
  滝の神さんの清らかな魂が傷ついて
  その傷に滲んだ色に見えたからでしょか・・・
  

雲日和  

aaaIMG_3175-n

  

今庄宿  

  今庄(福井県)の蓮の撮影を終え駐車場へ帰った私に、
   男の人が一枚のチラシをくださった
  チラシには「今庄宿 旧家ミニバスツアー ひとり300円」っと書いてある
  新しいレンズを入手したので、試しに暗い屋内で撮影してみたかった私は
  大喜びで参加を申し込んだ

  造り酒屋や旧家をマイクロバスで訪れる
  町のボランティアの郷土史の先生や、造り酒屋のご主人がいろいろご説明して
  くださるのですが・・・
  私はなんにも聞かないで黙々と撮影に没頭してしまいました
  (先生、造り酒屋のご主人様、お許しください!どうしようもないヒトなのです)
  開放でツールを撮影する感覚がとても新鮮で夢中になる
  木枠の窓から暗い部屋へこぼれる光が美しい。。。

  最後にある旧家へ訪れた
  たぶん豊かな造り酒屋の古い家なのじゃないかしら
  (説明を聞いてないので100%想像です)
  屋敷の中、暑い日というのにひんやりとしている畳をすすみ
  最後の座敷に向かった私は
  その風流な様子に 言葉を失いました
 

0717.jpg

  
   ほの暗い座敷の中に浮かんでいたのは
   庭の緑を映しこんだ座卓
   それは樹々に覆われた暗い渓谷の
   清らかな水面に映りこんだ緑そのもの
   鏡面のような座卓を置いてあるのは
   知ってのことでしょうか それとも・・・
   心の中で問いかけながら その風情に酔いしれた私なのでした
   
  

Melt away  

melt-.jpg

地下鉄を待つあいだ  

aaIMG_0684.jpg


    いつもカメラを持っていて撮影する人と 
    撮影するときだけカメラを持っていく人と

    私はいつもカメラを持っていたら
    日常生活が成り立たなくなるので(^^ゞ
    撮影するときだけカメラを持ち出す  ようにしている

    あなたはどちらですか?

    この日は撮影で出かけたわけじゃなかったのだけれど
    写真を撮る必要があったので40Dを持っていた
    地下鉄を待っているあいだ
    ボーっと前を眺めていたら 
    一枚の写真を見ているような気持ちになって・・・
    ふとシャッターを切ってみました
    
    

雨と常盤木とが出会うところ  

ssIMG_1829.jpg


   もし雨が降るなら 来週もここへ撮影に来よう
   そう心に決めていた
   次の週末 夜明け前の街は 強い雨が降っていた

   望むところデス・・・神様に感謝して♪

   機材を車に積んで キーをまわす瞬間
   雨の森の撮影を思い 嬉しくて胸が痛いほどでした

   
     ■ calling you HPに 「雨と常盤木とが出会うところ」 をアップしました

杉香の里  

suginoka-2.jpg


 
   雨上がりの撮影の帰り道 遠く美しい山々の重なりが見えた
   慌てて車を止めカメラを持って外に出るけれど 
   手前の電線がどーもフォトジェニック、では無くて
   こんな時はたいてい帰り道を大きく逸れて 
   電線の向こうへと気ままに車を走らせる

   山の合間の細い道の奥 素朴な小川が流れていた
   梅雨の頃の柔らかい光に包まれた集落を
   何かに導かれるように歩いていく
   レンズが曇るほどの湿度 草木は雨露で濡れている
   どこからともなく、木の香が漂ってきて

   山々を追いかけて 清かな杉の里に出会いました
   さあ、もう都会へ帰らなくては・・・
   緑の中で 元気をチャージできたことだしね
    

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。